ソープランド求人が稼ぎづらくなったと言われる理由

ソープランドの求人は、今や段々と稼ぎづらくなっていると言われています。「ソープランドで働いていて、半月ぐらいは出ているのに月収が一般職とそう変わらない」という人も出てきていて、昔のような大きく稼げるというイメージは失われつつあります。風俗についての話題を取り上げたりする写真週刊誌などでは「月20万も稼げない貧困風俗嬢も登場している」なんて記事が出てきていますし、かつては「2年でマンションが買える」なんて言われていたソープランドの求人でも、稼げない人がいるというのも事実なのです。

■ ソープランドの求人は稼ぎづらくなった理由

ソープランドの求人で稼ぎづらくなった理由は、まず「男性のソープ離れ」が挙げられます。若い人を中心にソープランドを利用する方が減少していて、デリヘルなどの気軽に利用出来る風俗を利用したり、そもそも風俗を利用しないという方も少なくありません。ソープランドでは、接客した数に応じて給料が支払われる仕組みになっていますから、利用者がいなければ給料が発生しません。そのため、出勤しているのに稼げないということも増えたわけです。

次に、「競合相手の増加」というものがあるでしょう。不況になったりすると風俗嬢の数が増えるというのは世の摂理ですが、当然ソープランドの求人に応募してくる方も増えます。同じ店に在籍する女性の数が増えれば増えるほど、客の奪い合いが発生する可能性も高くなりますから、稼ぎづらくなるのです。

■ 稼ぐためにはお店自体の集客力を重視しよう

ソープランド求人で稼ぐには、「いかに接客する機会を得られるか」というのが一つの焦点になります。そこで重要になるのが、お店自体が持つ集客力です。「稼げるかどうかは女性次第」なんてよく言われますが、そもそも接客しなければ接客の善し悪しなんて一切関係無いわけですから、まず集客力がお店にないと始まりません。

求人を選ぶ際に、「老舗の有名店」や「他と違うコンセプトがある」、「イベントなどを頻繁に行うやる気がある店」といった所を選べば、それなりの集客力を期待出来るでしょう。こうしたお店を見つけるには、ただ求人情報を眺めるだけでは得ることが出来ません。求人情報の他にも、そのお店のウェブサイトであったりネットの掲示板などを見ていきましょう。

ソープランド求人も稼ぎづらくなったとはいえ、ちゃんと稼げるポイントを抑えていけばまだまだ稼ぐことは可能です。月収50万、100万円を目指して、求人選びをするようにしましょう。